アレルギー性鼻炎

詳しくはこちら

慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)

慢性の細菌感染のために黄色い鼻水がたくさん出てきて、のどにまわると痰が増えてきます。こじれると頬・前頭部・上歯・目の奥・眉間などが痛くなります。さらに悪化すると、副鼻腔の粘膜がポリープ状に腫れて、それが副鼻腔に収まりきれずに鼻腔に出てくると、鼻茸と呼ばれるポリープが充満して、鼻がつまるようになります。長期間、副鼻腔炎が続くと慢性気管支炎、喘息などの呼吸器疾患の原因になります。
検査は、ひどい場合には鼻を見れば分かりますが、軽い場合や重症度をしっかり見るのにはレントゲン検査で副鼻腔の陰影をみれば分かります。

対処

鼻茸が大きい場合は、手術になることが多いです。昔は、上の歯肉を切って副鼻腔の手術を行っていましたが、その場合は術後頬が非常に腫れたり、頬のしびれが残ったりと患者様への負担は大きいものでした。現在は内視鏡により、鼻の穴の中から手術が可能となったため、術後頬が腫れたりすることはなくなりました。
鼻茸が小さい場合や、ない場合は内服薬で治るようになってきました。薬はマクロライドという抗生物質を少量で長期間内服するようになります。その他、去痰剤やアレルギー性鼻炎が合併していれば抗アレルギー剤を併用します。
急性増悪のときには頬が痛くなることがあります。かなり痛い場合や内服薬でも痛みが治まらないような場合には、鼻から副鼻腔に針を刺して、内部の膿を抜いてくるような治療を行います。

術後性上顎嚢胞

手術した上顎洞内の残存粘膜から嚢胞(袋)が形成され、数十年の間にその嚢胞が徐々に増大し、感染を起こすと頬が痛くなる病気です。嚢胞が大きくなると頬が腫れてきたり、さらに増大すると骨を溶かして、鼻と目を仕切っている骨をも溶かし、目を圧迫することもあるので物が二重に見える場合があります。

対処

基本的には手術でその嚢胞を摘出するか、鼻につながるところに大きな穴を開けて嚢胞内に空気を常に入れるようにすることになります。
まず嚢胞がどこにあるのか、嚢胞が何個あるのか、CTやMRIで検査することになります。嚢胞が上顎洞の内側にあり、しかも一つであった場合には、内視鏡で鼻内からできます。しかし、嚢胞が上顎洞の外側にあったり、複数ある場合には、上の歯肉部から切開して嚢胞を摘出することになります。そのときの嚢胞の位置や個数によって手術法も変わってくるので手術する先生によく話を聞いて下さい。

鼻出血

血管には動脈と静脈があります。だから、鼻血にも動脈から出るものと、静脈からでるものがあります。ほとんどが静脈から出るもので、しかも鼻の入り口からでることが多いため、それ程心配いりません。しかし、高齢者で高血圧がある場合は、動脈から出たり鼻の奥の方で出ることがあります。動脈から出た場合は、噴水のように出血して血圧が最初は高くなりますが、次第に下がってきて出血は止まってきます。静脈から出た場合でも、鼻の奥の方からの出血では、出血部位を特定しにくく、特定した場合でも見づらいために止血が困難です。それでも出血部位が分かれば止めようがありますが、どこから出ているのか分からない場合は厄介です。

対処

ほとんどの鼻血は鼻の入り口なので、出血部位が分かりやすく、止血も容易です。まず、自分で出来ることは小鼻の所を両側から強く押さえることです。鼻の根元でなく、鼻の入り口からの出血がほとんどなので、直接そこを圧迫することが重要となります。5~10分圧迫すれば、ほとんど止血します。その時、寝た状態でいると血が喉にまわり血を飲んでしまうので、よくありません。(血には鉄分が多いので、血を飲むと後で気持ち悪くなります。)
それでも止まらない場合は、早目に耳鼻科に来て下さい。出血の勢いが強い場合には軟膏を付けたガーゼを沢山鼻内にいれて出血している血管を圧迫して止血をします。出血の勢いが弱い場合には出血している血管を電気や薬で焼いてくる治療をします。
出血が鼻の奥の場合、出血部位が分かればやはり圧迫しけつやレーザーなどで焼いてくる治療になります。しかし、鼻の奥からの出血でまったく出血部位が分からないことが稀にあります。その場合は鼻の入り口と、鼻と喉の間の上咽頭に綿球を入れ、鼻の全ての隙間にガーゼをめいいっぱい入れて完全に鼻をブロックしてしまう治療になります。その場合、かなり苦しいので入院管理となります。

嗅覚障害

臭いが分からなくなる原因としては大きく分けて2つあり、一つは臭いの神経自体がウイルスや加齢により障害されて臭わなくなる場合と、もう一つは慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があり、臭いの通り道が塞がって臭わなくなる場合があります。他にはその二つが混合している場合や、外傷や血液内の亜鉛が不足してなることもあります。まずは何故臭わなくなったのかを検査して、原因が分かればその治療をすることになります。

対処

検査は、まずは静脈注射でにおいの元を注射して臭うかどうかの検査や、実際に5種類のにおいを嗅いでいただき、臭うかどうかの検査などがあります。他にも、慢性副鼻腔炎が疑われる場合は副鼻腔CT検査、亜鉛が不足しているかどうかは血液検査にて調べます。
そして、原因となっている病気の治療になります。慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎であればその治療、神経自体の障害であればその治療、亜鉛不足であればその治療になります。嗅覚障害の一番有効な治療はステロイドの点鼻薬になります。鼻の穴を天井に向けるように仰け反って点鼻薬を垂らすのですが、喉に多少液が流れ込みます。