外耳道炎

外耳の通り道の炎症。耳の中を毎日のように綿棒などで掃除している人に多いです。耳たぶをひっぱって痛いときはだいたいこの病気です。初期は耳のかゆみだけですが、悪化すると耳だれや耳痛といった症状が出てきます。さらに進行すると中耳炎を合併します。

対処

耳掃除をしばらく止めることと、抗生物質の内服・点耳薬や軟膏を塗ることで治ります。

急性中耳炎

中耳に炎症が起きて激しく痛くなる病気です。子供の場合は黄色の鼻水の後に、耳管を介して細菌が中耳に入ってなることが多いです。大人の場合は耳掃除のしすぎで外耳道炎になり、炎症が奥の中耳に及んでなることが多いです。耳と鼻は耳管という管でつながっているため、鼻が汚い時に鼻をすすったり、逆に強く鼻をかみすぎたりしてなることが多いです。進行すると中耳内に膿がたまり、聞こえも悪くなりますし、さらに鼓膜に圧がかかり激しい痛みを伴います。鼓膜が圧に耐えられなくなると、自然に小さな穴が開いてそこから耳だれが出てきます。耳だれが出てきてしまえば痛みは徐々に消えてゆき、開いた小さな穴も自然に塞がります。

対処

炎症は温まると悪化しますので、お風呂はしばらくシャワー程度にしてさっと入ってさっと出るようにして下さい。そして痛い耳のほうにはお風呂の水が入らないようにしましょう。あまり痛がる場合は、痛い耳の後ろを氷枕などで冷やしてあげれば、楽になります。治療は重症度によって異なります。軽度から中等症の場合は抗生物質の内服、重症の場合は鼓膜切開が必要となります。

慢性中耳炎

中耳に慢性の炎症があり、鼓膜はそのために開いています。ひどい場合は鼓膜がまったくないこともあります。症状は難聴で、免疫力が低下すると、耳だれが出たり耳の痛みを感じる場合もあります。水にもぐったり、洗髪する時に耳に水が入ると鼓膜の穴から中耳に直接汚い水が入ることになるため、耳に耳栓をかならずつけた方が良いです。

対処

手術により、鼓膜の穴を塞げば聴こえも良くなるし、耳だれも出にくくなる場合があるため、耳鼻咽喉科の先生に相談してみて下さい。

真珠腫性中耳炎

難聴や耳だれ、悪化するとめまいなどの症状を引き起こします。骨を溶かしてしまう病気で、何年もほっておくと中耳のなかだけでなく、その周りの外耳道や内耳、さらには脳にまで進行することがあります。

対処

耳鼻咽喉科で診断された場合、手術になることが多いです。

滲出性中耳炎

鼓膜の内側の中耳に浸出液がたまって耳が塞がった感じがしたり、耳の聞こえが悪くなる病気です。小児と中高年に多いです。子供の場合は大抵少し前に黄色い鼻水が続いていることが多いです。細菌が耳と鼻をつなぐ管(耳管)を通って耳管の機能を障害します。さらに黄色い鼻水が続いている子供は鼻をすすってしまう癖がついていることが多く、耳管に陰圧がかかり、耳管から滲出液が出てきます。その液が中耳にたまった状態です。中高年にも同様になることが多く、鼻と喉の間(上咽頭)の炎症から耳管の障害をきたしてなることが多いです。極稀に上咽頭の腫瘍で滲出性中耳炎になることもあるので、中高年の耳閉感には注意が必要です。

対処

治療は黄色い鼻水が出ている場合はその治療となります。鼻から耳管に空気を送って中耳内に貯まった液と空気を入れ替えようとする治療もします。難聴の程度がひどい場合は鼓膜切開を行い、中耳内の滲出液を出すことになります。さらに鼓膜切開を何度しても再発するような場合は鼓膜にチューブを留置して滲出液がたまらないようにすることもあります。

突発性難聴

内耳の障害で、神経の聞こえ自体が悪くなる病気。ストレスやウイルスが原因と言われていますがはっきりとした原因は不明です。突然聞こえが悪くなり、めまいを伴うこともあります。難聴が軽度の時は、聞こえが悪くなったというよりも耳が塞がった感じがします。

対処

治療は安静とステロイドの内服や点滴です。治療が遅れると治りづらく、発症から1ヶ月たつと聴力は固定してしまいます。症状がひどい場合は入院により安静と点滴加療をすることもあります。突発性難聴はメニエール病と異なり基本的に症状は一回だけで二度となりません。

メニエール病

病態は、内耳のリンパ液が増加したことによるとされています。しかし、なぜリンパ液が増加するのかははっきりしていません。急に聞こえが悪くなったり、めまいがしたり耳が塞がった感じがして、症状は突発性難聴とそっくりです。最大の違いは突発性難聴の場合、症状が繰り返しませんが、メニエール病は繰り返すということです。

対処

治療はリンパ液のむくみをとる利尿剤が中心となります。難聴がひどい場合は安静とステロイドの内服や点滴も必要となります。

老人性難聴

徐々に聞こえが悪くなる加齢現象。神経自体が悪くなるため今の医学ではそのものを治すのは無理で補聴器が勧められます。音は聞こえても内容が分かりづらくなるのも老人性難聴の特徴です。

対処

耳鼻咽喉科の先生に相談してみて下さい。 当院では補聴器外来をしております。

良性発作性頭位めまい症

めまいの原因のうち、最も多いとされるめまいです。三半規管の中には耳石という小さな石があり固定されています。それが何かのきっかけではずれて半規管の中をゆらゆら移動している状態と考えられています。そのために頭をふるような、例えば寝返りをうったり振り向いたりするとめまいが起こりやすくなる病気です。

対処

めまいは長くても1分でなくなります。この病気はめまいが起こりやすい方向に頭を振り向かせてわざとめまいを誘発させることを何度も繰り返すと、耳石がもとあった場所に固定し徐々に良くなっていくと言われています。